未分類

ペットショップで売れ残った犬を引き取るには?殺処分の噂は本当?

ペットショップの売れ残りの犬を買う方法

ペットショップで売れ残った犬や猫、小動物の里親になりたいという人は少なくありません。

売れ残ったペットを安価で飼うことができるのはもちろん、実験動物になるリスクを減らすことができるなど、社会的なメリットもあるようです。

今回は、売れ残りペットを飼いたいと考えている方に役立つ情報を幅広くご紹介します。

生涯のパートナーを探す上で、ぜひ参考にしてください。

ペットショップでの売れ残り事情

ペットショップでは、多くの犬や猫が売られていますが、中には売れ残るものもあります。

ペットショップで売れ残ったペットは、実験動物にされたり殺されたりするという噂がありますが、売れ残ったペットが実験動物になることはありません。

また、動物実験を行う企業に安く売られているという噂もありますが、これは間違った噂です。

動物実験に使われる動物は、徹底的に管理されています。

ペットショップで売れ残ったペットを使うのではなく、健康管理された動物を使っています。

よく聞く噂に、「ペットショップで売れ残ったペットは殺処分される」というものがあります。

売れ残った子犬や子猫は、次のようなところに連れて行かれると言われています。

ペットショップで売れ残りが起こる理由

ペットが売れ残る理由のひとつに、「売り時」があります。

ペットショップで子犬や子猫を売るには、生後2〜3カ月が最適と言われています。

ペットショップに並ぶペットの多くはまだ小さいので、生後半年を過ぎても売れ残るのです。

犬や猫は成長するにつれて個性が出るので、飼い主が「先住犬(猫)と相性が悪そうだ」と判断して売れ残るケースもあるようです。

また、需要と供給のバランスが悪いことも大きな理由です。

ペットは売るために繁殖しているわけで、人気のある品種ほどペットショップやブリーダーは在庫を欲しがる傾向にあるようです。

ペットショップの売れ残りのペットを引き取る3つの方法

実際にペットショップに出向いて安く犬や猫、小動物を購入する

売れ残ったペットを探しにペットショップを訪れるのは、実は飼いたい犬や猫、小動物を見つけるのに最も有益な方法です。

ほとんどの場合、ペットショップでは犬や猫、小動物に会わせてくれるので、短時間で大体の性格や大きさを把握することができます。

また、ペットの食事や排便・排尿の回数、健康状態などをペットショップの店員に直接聞くこともできます。

ペットショップを訪れてもすぐに希望のペットが見つかるとは限りませんので、定期的にいろいろなペットショップを訪れて、犬や猫、ウサギなどの小動物の飼育をじっくりと検討するのもよい方法です。

ペットショップが開催している譲渡会で犬や猫、小動物を引き取る

若いペットを飼うことにこだわらないのであれば、犬や猫、小動物の譲渡会を開催しているペットショップや動物愛護団体からペットを譲り受けることも視野に入れてみてはどうでしょうか。

例えば、ペットショップのカインズペッツワンでは、地域によっては譲渡会を開催しています。

しかし、年齢が決め手にならないのであれば、犬や猫、小動物の保護団体から飼うことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

公式サイトで売れ残りの犬や猫、小動物がいるか確認する

ペットショップの公式サイトでは、生後5ヶ月以上の犬・猫・小動物が格安で販売されていることが多いようです。

売れ残りとして掲載されていなくても、探している特定の犬種、猫種、小動物が見つかるかもしれません。

ホームページから売れ残りを引き取る場合は、交通費やペットの体に負担がかからないよう、近場で探すとよいでしょう。

売れ残りの犬や猫、小動物が販売されている公式サイト一覧

ペットショップ「Coo&RIKU」

2021年11月現在、ペットショップ「Coo&RIKU」では、生体価格5万円(税別)から、生後6ヶ月の犬・猫を見つけることができます。

下記URLから、上限価格を5万円に設定して検索すると、対象の犬猫が見つかりやすいです。

ペットショップ「ワンラブ」

ペットショップワンラブでは、ペットの里親募集も充実しています。

犬や猫は30,000円(税抜)~、ハムスターやウサギなどの小動物は1,000円(税抜)~で探すことができます。

引き取る予定のペットを指定し、価格帯の安い順から検索してみましょう。

ペットショップ ビーウエスト

2021年11月現在のペットショップ ビー・ウエストでは、子犬・子猫が69,800円(税抜)と格安で購入できます。

公式サイトの「ペットを探す」ページから表示順を選択し、価格の安い順に検索することで、対象の犬・猫を探すことができます。

子犬の売れどき

幼い頃に子犬を飼いたいと思う人は多く、この年代のペットショップはとても人気があります。

この月齢の子犬はとてもコロコロしていて魅力的だからです。

しかし、生後2カ月を過ぎると、子犬の値段は徐々に下がり始めます。

生後5ヶ月になる頃には、当初の半額程度にまで値下がりすることもあります。

これは、この頃になると人見知りや個性が出始めることが原因です。

売れ残った子犬を売ろうと通路にサークルを設置するなどして、お客様に間近で子犬を見てもらい、その純真さに惹かれるように工夫しているペットショップもあります。

それでも売れ残った場合は、さらに値下げをするか、店頭で販売する場合が多いようです。

売れ残った子犬はどうなる?行方は?

譲渡会

売れ残った子犬は、里親や動物保護施設に引き取られるケースが多いようです。しかし、店舗によっては、保健所から保護された犬や猫を引き取る譲渡会を開催しているところもあります。ディスワン」「ペッツファースト」などの大手ペットショップは、こうしたイベントを開催していることで有名です。

看板犬

子犬をペットショップの看板犬にしようと思ったら、子犬に必要な性格的特徴がいくつかあります。まず、人が大好きで、人を怖がらないことが必要です。また、怒らないこと、噛みつきやすいことも重要です。怖がったり緊張したりしていると、驚いて人を噛んでしまう可能性があります。人と仲がよくて、すぐ怒らない犬なら、ペットショップの看板犬になれる可能性が高くなります。

お店で里親募集

これは、子犬の里親候補を探す方法として、ホームページや店頭で直接募集する方法です。里親募集をする子犬は、通常生後6ヶ月以上経過しているので、かなり性格が形成されています。子犬を預かったスタッフに、子犬の性格や育て方のコツなどを教えてもらうことができます。そうすることで、里親になった子犬に最適なケアをすることができます。

繁殖犬

見た目がよくて健康な子犬を飼うと、繁殖犬になることがあります。メスは繁殖犬としてブリーダーに返されることが多いので、より多くの子犬を産むことができます。繁殖年齢に達した後は、血統を維持するために妊娠・出産を繰り返します。

ペットショップの売れ残りが猫の場合は?

ペットショップは犬だけでなく、猫も売っていますよ。生後2~3カ月になると旬を迎え、生後4~5カ月ごろから価格が下がり始めるそうです。それでも売れ残った場合、里親探しの流れは犬とほぼ同じです。優しい猫であれば、看板猫として1歳を過ぎてもペットショップに残っていることもあります。

ブリーダーへ

猫が売れなかった場合、ブリーダーが引き取ってくれることもあります。これは、その猫が繁殖用猫として生き続け、血統を維持するのに役立つようにするためです。

譲渡会やホームページで里親を募集

ペットショップで売られていない子猫を引き取りたい場合は、ウェブサイトで里親募集や譲渡会などの情報を確認することができます。そうすれば、子猫に愛情ある家庭を与え、地域のシェルターやレスキューを支援することができます。

ペットショップの売れ残りのペットを引き取るメリット・デメリット

メリット

安い

犬や猫、ウサギなどの小動物を飼うには、エサ代や介護用品、医療費など、継続的にかかる費用がたくさんあります。そのため、家族の一員としてペットを飼いたいと考えている方にとって、最初の生体価格が安いことは大きなメリットとなります。

血統証明書がついている場合がある

大手のペットショップでは、販売する犬や猫の血統証明書を発行していますが、実際のブリーダーから購入すると、血統証明書の値段が安くなる場合があります。血統証明書には、犬や猫の名前、登録番号、品種、性別など、その犬や猫に関する重要な情報が記載されています。血統証明書の番号を使って、犬専用のソーシャルネットワークサイト「PEDI」で検索すると、ペットの成長を記録したり、他の飼い主と情報を共有したりすることができます。

ワクチン済が多い

生後4~5ヶ月を過ぎた犬や猫で、混合ワクチンを接種している子は売れ残ることが多いようです。これは、ワクチンを接種した分の費用が加算され、割高になってしまうからです。そうならないためにも、事前にワクチン接種済みかどうか確認することをおすすめします。

デメリット

適齢期に社会化できない

犬にとって、他人やさまざまな環境に慣れるための社会化が重要であることは、一般によく知られていることです。この社会化は、早ければ早いほど、犬にとって良いことです。しかし、屋外での社会化には、感染症のリスクを減らすためにワクチン接種が必要です。一般的には、生後3ヶ月半までに、様々な環境に馴染むことができると言われています。売れ残りの子犬のデメリットは、ほとんどの場合、生後4〜5ヶ月以上の子犬が多いので、社会化の適齢期を過ぎていることです。ただし、生後4〜5ヶ月を過ぎると社会化ができないわけではありません。ですから、飼い主さんがしっかり社会化させることができれば大きなデメリットにはならないでしょう。

病気の可能性

ペットショップで犬や猫、小動物を飼う場合、中には先天性の病気を持っていたり、健康状態がよくない動物もいることに注意が必要です。大型のペットショップでは一般的に簡単な健康診断を行っていますが、お店によって健康管理の方法が大きく異なる場合があります。一見健康に見える動物でも、便が悪かったり、お腹に虫がいたり、精巣が生まれたときから正常な位置にない(停留精巣)等、健康上の問題が隠れている場合があります。そのため、飼養を検討する際には、その動物の健康状態を慎重に検討することが重要です。

売れ残りの犬や猫、小動物を引き取る時の3つの注意点

継続的にお金がかかる

売れ残ったペットの最初の購入価格は安くても、犬や猫、小動物を飼い続けるための長期的な費用は大きくなります。医療費、食費、介護・生活用品費、ペット保険料など、長い年月をかけて積み重なっていくものです。ですから、ペットを飼おうとする人は、購入価格だけで判断するのではなく、ペットを飼うために必要な生涯コストをよく考える必要があります。

ペットの価格とは別にワクチン接種代や補償費などがかかる

ペットショップで生体販売する場合、初期価格は安くても、接種したワクチン代やペット保険(任意)、その他の補償が加算されるのが一般的です。ペットの生活環境を整えるための初期費用と、ペットを飼い続けるための継続的な費用は、予想以上にかかるということを頭に入れておくことが大切です。

格安の犬や猫、小動物の場合は病気などに注意する

ペットを飼う際には、先天性の病気の可能性があることを認識しておくことが重要である。多くのペットショップでは、このようなケースに対応するプログラムを用意していますが、病気によってペットを返すのではなく、できれば家族として飼い続けた方がよい場合が多いようです。

売れ残りの犬や猫、小動物を引き取りたい方は調べてみよう!

売れ残った犬・猫・小動物の引き取りを検討されている方に、その方法、メリット・デメリット、注意点などを幅広くご紹介。

ペットは一生モノですから、引き取る前に十分な準備をしておくことが大切です。健康上の問題の可能性、継続的なコスト、ケアに必要な時間などを十分に検討した上で、決断してください。

ペットショップでの売れ残りをなくすためには

ペットショップで売れ残った犬や猫を減らすには、ペットショップだけでなく、アニマルシェルターや里親募集から里親になることも一つの方法です。これは動物にとって有益なだけでなく、ペットショップの動物の需要を減らすことにもつながり、売れ残りを減らすことにつながります。

法改正が求められる

ブリーダーからペットショップへの流通システムにおいて、ペットの売れ残りが問題になっています。これは、販売数よりも多くの子犬・子猫が生産・仕入れされ、売れ残りが発生していることが原因です。この問題に対し、ペット保護団体や専門家は、ブリーダーの責任感を高め、繁殖期や繁殖回数を制限するよう呼びかけています。また、ペットショップでは、ペットを展示販売するのではなく、予約販売にするなど、販売数を調整する方法を考え直す必要がある。ペット先進国を見習い、引き取り手のないペットを減らす仕組みも検討すべきです。