Happy Paws 規約


第1章 総則

名称
本会の名称をHappy Paws(日本語表記:ハッピーポゥズ)とする。

第2条 所在地
本会の事務局を下記に置く。
埼玉県狭山市・・・・  青木・・・ 方

第3条 目的
主に埼玉県動物指導センターに保護・収容された犬の救出を基本として、人間とコンパニオンアニマルが共生できる社会を実現することを目的とする。


第2章 基本活動

第4条 活動内容
1. 行政や自治体と連携し、動物愛護の普及活動に尽力する。
2. 県内保健所にて収容期限をむかえ、センターに処分送致された動物たちを保護・救出し、必要な治療・不妊手術等を済ませた上で、適正な飼い主へ譲渡する。
保護した犬の新しい飼い主(里親)募集に当たっては、預かりボランティアスタッフがウェブ上の日記(ブログ)で担当する犬の様子を報告することとする。
3. 望まれない不幸な動物を無くすため不妊去勢手術の必要性を広め、飼育者に対してモラルの向上を促すよう努める。
4. 緊急保護を必要とした動物たちに対し出来得る限りの支援を行う。
5. インターネット等を通じて広く一般に動物保護・救済の広報・啓蒙(啓発)活動を行う。
6. 救出した犬の新しい飼い主探しのほかに、治療を要する場合は適正な医療措置を施す最大限の努力を果たす。
7. 可能な限り他の愛護団体とも連携・協力し、不幸な動物を1頭でも減らすように努力する。


第3章 会の形態

第5条 メンバー
本会の活動は会の活動に賛同するボランティアメンバーによって行われる。
メンバーは保護犬の福祉のために、それぞれができる範囲内で活動に参加するものとする。
本会は一時預かり、搬送、ウェブ担当などの活動メンバーと資金、物資支援で保護活動に参加するサポートメンバーを持つこととする。
活動参加・活動協力・金銭物品による活動支援は自主性を重んじる。

第6条 ボードメンバー
1. 活動メンバーの中から数名をボードメンバーとして置き、会の運営はボードメンバーの合議で決定することとする。
2. ボードメンバーの任期は3年とし、3月1日から翌年2月末日までとする。次期のボードメンバーについては、同意のもとでの継続更新の他、自薦他薦による推薦による選出を任期最終月に行う。
3. ボードメンバーは会の責任組織として相互間の連絡を密にし、ボランティアスタッフの活動がスムーズに行えるよう、公平な立場で全ての事項に対し誠意を持って取り組む。
4. 会の代表者はボードメンバーの中から選出する。その任期は3年とし、3年毎にボードメンバー会で選出する。

第7条 運営費
1. 決まった会費は定めず、寄付金(里親による譲渡動物の医療費負担を含む)にて運営するものとする。寄付金には上限・下限を設けない。
2. 譲渡が成立した場合、譲渡動物の里親に対し1件につき,一定額の医療費,諸経費負担をお願いする。
3. 会にて制作したカレンダーや小物などをフリーマーケットやウェブ上で販売し、その売上は全て運営活動費とする。
4. 運営費の主な用途は、保護犬にかかる医療費、搬送費等その他活動に関わるものとし、その使途をホームページ上で公開する。


第4章 会計

第8条 資金
本会の活動資金は発足時出資金及び支援金によって賄われ、活動支援金・活動支援物資を募ることができる。

第9条 会計
本会の会計年度は毎年1月1日から同年12月31日までとする。

第10条 収支報告
収支報告は定期的にホームページ上で行う。
また、会計年度終了後、3か月以内に会計監査を行う。
会計監査終了後、ホームページ上で上記報告をする。

第11条 活動報告
本会は定期的に活動報告を作成し、ホームページ上で公開する。
附則 この規約は2011年3月1日から実施する。

2011年3月1日作成。
2015年7月1日改訂。